フクチホームフクチホーム
0138-73-6314

HOME > 現場日記 > 78ページ目

現場日記
2007年09月15日

内部ボード張り完了

 200709150832000

昨日、内部のボード張りがほぼ終了しました。来週からはクロス工事が始まります。工事が決まり、お客様との打合せを行なう中で、
キッチン・お風呂・トイレ・フロア・建具・照明器具などを選んで行く訳ですが、その中でも、クロスの種類の選定は中々イメージがわかず、
ご苦労される部分だと思います。通常は、プレゼンボードを作成してのご提案を行なっておりますが、
違うものを選ぶ際は10cm位の厚さのあるカタログをご覧いただくことになりますので、それは大変な作業となります。ですが、
色々なクロスを空間のイメージを膨らまして、検討しているお客様は、とても楽しそうで、
対応する私達も一緒に楽しみながらお手伝いしております。

17日は敬老の日です。お年寄りと呼ぶのは失礼ですので、人生においての大先輩の皆様は、私達が生きていなかった時代を知っています。
時々、お客様のお宅にて、昔のお話をお聞きすることがありますが、想像できるようにとても詳しく当時の事を教えてくれます。
日本人として忘れかけていることや忘れてはいけない古きよき伝統などを大先輩より改めて学び、
家づくりの中や人との接し方の中に取り入れて参ります!


DSCN4025

昨日は、AIキットの操作パネルのボックス内をご紹介いたしましたが、そのAIキットで重要な役割を果たしているのが、
天井裏に設置している熱交換式換気扇です。この換気扇は、最上階の天井裏に設置し、外気の新鮮空気を取り入れ、
汚れた空気を外部に排出するものですが、この空気の入れ替え時に、熱交換を行ない、新鮮空気を内部温度に近づけて取り込んでいます。
したがって、冬に外気がマイナスの温度になっていても、プラスの温度の新鮮空気が室内に入り、住宅内の温度低下を最小限に抑えています。

今月の29日(土)に新・住まい講座を予定しております。今回も地域の皆様にお役立ちになる内容を検討しておりますので、
是非ご来場いただきたく思います。詳細は近日中にご案内いたします。


200709121344000

写真は、「ファースの家」のオリジナル健康空気循環システムである『AIキット』の操作パネル内部です。「ファースの家」では、
新鮮で湿度調整された空気が室内は勿論のこと、床下・壁内・天井裏の断熱材の内側全てに循環させ、
お住まいの方の健康と構造体である木材への耐久性をも向上させています。そのシステムで使用してる全ての機器を操作・
管理しているのが、この操作パネル内の基盤なのです。現在は、操作パネル上に各箇所の温度表示を行なっており、
室内環境もお客様の目で確認できるようになっております。

昨日は、安倍首相の突然の辞意表明で国民の方ほとんどが驚いたことと思います。
タイミング的には批判を受けても仕方ないような気がしますが、他の党の方の言いたい放題には、ちょっとどうかなという気もします。
大臣の問題は確かにあったものの、総理大臣としての成果もあり、それを認めてあげてもいいのかと思います。総理大臣は、
日本を一つの会社とした場合、社長の位置にあたると思いますが、会社であればこんなに社長がコロコロ変わっていれば、
良い仕事も良い結果も生まれて来ないのではと感じさせます・・・


2007年09月12日

スッキリポール設置!

DSCN4142

今日の現場では、電気配線等を住宅内部に引き込むためのスッキリポールの設置を行いました。通常は、
外壁面から取り入れて隙間が空かないように断熱・気密処理を行なうのが一般的ですが、
このポールは電気や電話線をポールから地中の埋設を行なって住宅内部に引き込むので、スッキリした外観は勿論のこと、
外壁面に穴を開けなくて済むので、より住宅性能の向上につながります。また、住宅内部では天井のボード張りが始まっており、
いよいよ内部空間が形成されてまいりました!

現場とは関係ありませんが、昨日、函館市において発泡事件がありましたが、最近この近郊においては加害者の身勝手な行動によって、
たくさんの人に迷惑や悲しみを与えています。事件を起こすのも人ですが、事件を防ぐのも人の力だと思います。身近なところからも、
大きな事件につながる前への改善策をとっていくべきとつくづく実感させられました。


DSCN4141

福地建装ハウジング事業部のホームページ改正に伴い、現在の現場状況をお知らせすることといたしました。福地建装で、
どんな住宅を建てているのかを少しでもご理解いただければ幸いと思いますので、お時間が有る時には是非ご覧いただきますよう、
お願いいたします。

さて、現在は弊社の所在地であ る北斗市内におきまして、「ファースの家」新築工事を行なっており、
9月末の完成を目指し、大工さんそして協 力業者さんが一体となり、作業を行なっております。今日は、
内部のボード張りや和室の造作を行なっておりますが、和室は大工さんの腕の見せ所であり、
山田棟梁も張り切って作業を行なっております。工期も少なくなってきておりますが、事故のないように更に気を引き締めて参ります。

なお、ここ最近の北斗市は台風が去った後の残暑と湿気の高い状況となり、不快な天候が続いております。朝晩の気温の低さが、
秋の訪れを感じさせますが、本格的な秋にはもう少し時間がかかりそうです・・・

 


 


Category:


1 77 78

top