フクチホームフクチホーム
0138-73-6314

HOME > 現場日記 > 北斗市 O様邸 > ファースの家の特徴

現場日記
2011年03月05日

ファースの家の特徴

来週末には、完成見学会がありますので、大工さん、協力業者さんが力を合わせて、作業を行なっております。

今日は、ファース独自の施工部分をご紹介します。

IMGP0008

画像の間仕切り壁上部に開いている横長の穴。ファース以外の家では見かけないものですが、これは換気のための空気の通り口です。

ファースの家では、最上階の天井裏に熱交換式換気扇が設置しており、そこで取り入れた新鮮空気は、1階の床下に送られ、上昇気流で各部屋を通り、天井裏まで空気が上がります。その時の各部屋の通り口は画像の穴となります。

入口は外壁側の壁下部、出口は間仕切り壁の上部で、各部屋2セットの設置となります。

ちなみの壁紙が仕上がった後で、木製化粧グリル「もくりる」を取り付けます。


一覧へ戻る


top