ふくふく日記

HOME ≫ ふくふく日記

2017.04.24

春季清掃活動

メンテナンスを担当している、久保田公明です。
先日、町内会による春季清掃が行われました。
私の住んでいる地域では年に2・3度、居住地周辺や路上の清掃が行われておりますが一時間歩いてもご覧の通りです。
定期的に行われる清掃活動のお陰で、ポイ捨てされたであろうゴミは格段に減少しているのです。
最近では見なくなった空き缶を蹴りながら登校する学生の姿、懐かしくも思えます。
メンテナンスを担当している、久保田公明です。
低気圧急発達とのニュースが各局で流れていますがここ道南も、今朝方から暴風・大雨で近くの小学校では保護者の車で列を作っていました。
通気途中、ふとナビ画面を見ると今まで気づいていなかったであろう雨マークが画面に表示されていました。
車を変えても必ずナビは付け、今のナビも2年ちょっと使用してきましたが今回初めて、ナビに雨マークが表示されるのを知りました。
いつか「〇〇分後に雨」など、降る量までピンポイントで予測できるナビが出てほしいと考えながら会社に向かいました。
2017.04.10

2枚葉ルール

メンテナンスを担当している、久保田公明です。
1枚葉を採取してしまうとその株は死に、2枚葉は茎を残して群落から3分の1以内で採る。そして3枚葉は種を落とすので採取不可。
行者にんにくの採取には、このようなルールがあります。
先日、去年1枚葉の群れを放置した場所に行ってみると今年は2枚葉となって顔を出していました。
山菜採りでもきちんとルールやマナーが守られている事に、感銘を受けた休日となりました。
メンテナンスを担当している、久保田公明です。
今年の冬は雪が少なかった為もしかしたら山菜も早く芽を出しているかと思い、いつも行く山へ出掛けてきましたが、山は車の通った形跡はあるものの画像の通り雪がまだ残っている状態で、今年初となる山菜狩りは不発に終わりました。
天気予報を見ていると来週まで天気は良さそうですのでまた近いうちに出掛けてきます。
2017.03.13

何事も体験!

メンテナンスを担当している、久保田公明です。
先日、トムとジェリーを見ていた子供達が「ヤシの実にストローを刺して飲んでみたい」というので早速、amazonで検索して購入。
私自身、おいしい物ではないという記憶は残っておりましたが、DVDの中でトムが美味しそうに飲む姿から子供達はかなりの期待をしているようでした。
結果、口をつけたのは一度だけ。
ヤシの実より送料の方が高く付きましたが、甘みのないスポーツドリンクと表現出来ただけでも満足でした。


このページの先頭へ戻る