ふくふく日記

HOME ≫ ふくふく日記

今日、明日、お引渡し式に参加のため北斗市に移動しています。
なので期日前投票行ってきました。
帰宅時寄る事ができとても助かりますね。
交通手段や混雑などをを考えるとそれだけで足が遠のいて
しまう方も少なくないと思いますので、
老若男女投票しやすい環境がまだまだ整備されるといいです。

メンテナンスを担当している、久保田公明です。
画像は先日竣工したお宅の室外機ですが、見事にずらりと並びました。
戸建住宅にこれだけのエアコンが…と思う方も居る事と思われますが、このお宅は部分共有型の二世帯住宅。
手前から、若夫婦のリビングエアコン、エコキュート、天井裏のエアコン、そして老夫婦のエコキュート、リビングエアコンの順となっております。

2011年、蓄熱暖房機はエアコンに変わりました。
そして現在、電気温水器もエコキュートへと変化した事で今後ますます、室外機が並ぶ住宅が増えていく事と思われます。
住宅の性能に大きく影響を受ける、光熱費。
これからは、過剰か否かの判断ができるスキルをお客様自身も身に付けておく必要があるのではないでしょうか。
メンテナンスを担当している、久保田公明です。
先日の完成見学会で初めて、ファースシリカ未使用と使用中のBOXを置いてみました。
BOXの中には、温度と湿度が表示される温湿度計と水を浸したスポンジをセットし放置しておきましたら、「ファースの家」を知らない数名のご来場者様に「これは乾燥剤?」との反応が。
この方のように、完成見学会は家を見にきている方が大半だと思われますが、乾燥剤と調湿材の違いを説明し床下を見て戴くだけでも、良く考えられた工法だと感心して戴けます。
家を見るモノではなく住む空間と捉える事で、いつもの見学会とは少し違った見方ができるのではないでしょうか?
今週末、函館市深堀町で開催する完成見学会にて、お試し下さい。
勉強不足でした。先日見せて頂いた完成見学会で、
キッチン手元のコンセントにカバーが付いていました。
これまで、水跳ねや油汚れ、たまに小さなお子様が
指を入れて危険だと仰る方もいらっしゃいました。
このコンセントならそんなお客様にも安心してお勧めできます。
先日、着工に先立ち地鎮祭が執り行われました。
土地の神様をまつり工事の無事と安全を祈り、
お施主様が初めて土地に鍬を入れる。
その鍬入れがとても素晴しく、家の繁栄間違いないと確信!
それは気持ちのいい地鎮祭でお施主様に感謝です。
プレカット業者さんが繁忙だと耳にしましたので、
無事工程が進むように更に祈りたいと思っています。


このページの先頭へ戻る