フクチホームフクチホーム
0138-73-6314

HOME > フクチホームブログ > 現場日記 > 2008年年 > 6月

現場日記

IMG_0679

構造見学会後、内装ボード張りが始まり、間仕切壁が出来てまいりました。「ファースの家」では、床下に送り込まれた空気が外周廻りの内壁を通り、各居室を通りながら、天井裏まで戻り、家全体の空気の入れ替えを行なっています。そのため、間仕切壁の下部は通気止めを行ない、外周廻りに空気が動くような工夫がされています。


Category:


2008年06月19日

調湿剤と蓄熱材

IMGP0139

更新期間が空きましたが、断熱工事の終了後、床や壁の下地材を取り付けたり、外壁工事の仕上げを行なっております。

1階床下には「ファースの家」の湿度管理や空気清浄を行なう専用調湿剤『スカットール』と夏は冷気・冬は暖気を蓄熱し、住宅内部の温度差を軽減させる専用蓄熱材『タイトプレート』を設置いたしました。

見ただけでは、その良さは良く分かりませんが、住んでからその機能を十分に発揮し、本当に快適な空間をつくるために貢献する専用部材です!


Category:


IMGP0089

今週11日に断熱気密工事である「エアライト」発泡工事が全て終了いたしました。今回は、二世帯住宅のため、面積も大きく、いつもより工事期間がかかったようです。

断熱工事の終了後は、内装材の下地部分の施工と、2階天井裏には建物全体の空気の入れ替えを行なう、換気システムの設置を行ないました。画像は、新鮮な空気を床下まで送り込むサイクルファンですが、「ファースの家」では、天井裏で排気しているので、空気の流れは、床下?各居室・壁内(断熱より内側)?天井裏となり、断熱材の内側空間全てに空気が流れるようになっています。


Category:


IMG_0604

先週より始まりました断熱材「エアライト」の現場発泡工事も、1階部分が終了し、現在は2階部分の工事を行なっています。

2階部分は天井裏の部分もあり、非常に大変な体制で発泡することになりますが、遅れることなく順調に現場は進んでいます!


Category:


2008年06月06日

断熱工事スタート!

IMGP0070

5日より、ファース専用断熱材エアライトの発泡工事がスタートしました。

発泡工事は、吹き付け工事のベテランとなりつつある弊社の近江さんが行ない、1階部分からスタートいたしました。

一般の住宅であれば、断熱材はグラスウールで気密としてポリフィルムを施工するのですが、「ファースの家」の場合は、エアライトが気密材を兼ねているので、断熱工事+気密工事ということになります。

画像でも分かると思いますが、隙間はほとんど生じない、超高気密となり、この効果で、省エネルギーに大きく貢献いたします。


Category:


IMG_0570

現在現場では、外断熱層となるファースボードの施工が終わり、外部の外壁通気層となる胴縁の施工を行なっております。明日より、断熱気密材「エアライト」の発泡工事が始まりますので、今日の午後は発泡前の養生を行ないます。


Category: