フクチホームフクチホーム
0138-73-6314

HOME > フクチホームブログ > 現場日記 > 2007年年

現場日記
2007年12月28日

今日で仕事納めです!

26日は、弊社社員全員で全体会議を行ない、今年の実績の発表と反省点、そして来年の目標を各部署で発表しました。自分においては、
ハウジング事業部になり1年経ちますが、良い事も悪い事で大変勉強になる1年間でした。来年も、
弊社の更なる発展とたくさんのお客様の笑顔にめぐり合えるよう、日々業務を行なっていきますので、皆様今後ともよろしくお願いいたします!


Category:


IMG_0771

現在、天井張りの作業を行なっておりますが、若干工程表より遅れがあるため、
常務の小泉とメンテナンスチーフの近江がお手伝いで現場に入り、年内中にその遅れを解消するよう作業を行なっています。
この2名は元棟梁で当時はそれぞれの現場を仕切っていたこともあり、ものすごいスピードと技術です!

25日は、築13年経過しました「ファースの家」に訪問してきました。家全体は、22?23℃に保たれ本当に快適な環境でした。
このお客様の知人の方が、このお宅にお越しになった際、暖かさに感動し、オール電化で新築されたそうですが、
非常に寒い電化住宅になったそうです。たぶんそのお客様は、オール電化=暖かいと思い込んだことと思います・・・暖かいオール電化住宅とは、
末永く変わらない高い住宅性能が伴わなければ、成立しないことを事前に分かっていれば、こんなことにはならなかったはずです!残念!
(←ちょっと古いですけど)


2007年12月24日

内装工事順調です!

DSCN5201

メリークリスマス!今日は、12月24日クリスマスイブですが、私も現場の大工さん達も、通常に作業を行なっております・・・
現在現場は、順調に内装工事が進んでおります。画像は、吹き抜けの天井部分に取り付けられた、エアコンの吹き出し口です。今回の現場では、
天井裏にファース専用のフリービルトインエアコン(松下製)を取り付ける予定で、吹き出しの1本は天井裏を冷やし、
もう1本は室内に直接吹き出させます。このエアコン方式によって、夏は家全体快適な冷房空間となります!


DSCN5190

壁のボード張りも終了し、天井張りが始まりました。現在は下地の施工中で、これから徐々に天井が仕上がっていきます。
以前ご説明いたしましたが「ファースの家」は、2階(家の最上階)の天井裏に換気システムを設置していますが、この機器は定期メンテ
(フィルター掃除など)が必要であり、各機器の下部には必ず点検口を設置し、メンテをし易い状態にしています。


Category:


IMG_0760

内装のボード張りが、ほとんど終わりの状況となってきました。竣工は、1月末の予定ですが、正月休みが入るので、
現場は急ピッチで進められています。なお、現在の現場では2階の窓より、函館山が見えます。画像で分かりますか?


IMG_0739

 

現在は、内装下地となるボード張りを行なっています。一般住宅では、ボードの前に気密シート(ポリフィルムなど)を張り、
その上にボードを施行するのですが、「ファースの家」の場合は、断熱材エアライトが気密材を兼ねているので、
気密シートの施工は省略されます。なお、エアライトとボードは、5cm前後空間となっており、この部分が空気を流す内部通気層となり、換気・
調湿・木材の腐朽防止の役割を果たしています。

挨拶回りを行なっていたところ、私が10年ほど前にご契約いただいたお客様のご主人が数日前に亡くなられたことが分かりました。
18日のお昼には告別式も終わっており、弊社の見落としかと思い調べたことろ、新聞等には掲載されなかったようです。優しいご主人で、
今年の夏ごろに訪問したとき、とてもキレイにされた花壇を前にお庭の説明を笑顔をいただいたことを思い出されます。
今週末に弊社ハウジング事業部にてご焼香に行く事を決めました。心よりご冥福をお祈りいたします。


IMG_0736

「ファースの家」は、基本的に家の一番高い部分(必然的に2階の天井裏になりますが)に、熱交換式換気扇
(外気を室内温度に近づけて取り入れる1種換気)を設置し、尚且つ、そのキレイな空気を天井裏の暖かい空気と混合させて、
サイクルファンにて床下に送り込んでいます。天井裏から床下までは、ダクトを用いますが、
2階と1階にはパイプスペースという空間を確保しなければならなく、間取りの計画時に考えていなければ、不効率な空気循環になり兼ねません。
今回の現場では、居間のコーナーを利用しました。

今日の北斗市は朝から雪で会社周辺は一面真っ白になっています。先週末より、年末の挨拶回りにお客様を訪問しておりますが、
土曜日に訪問したお宅では、玄関に入った瞬間に暖かく、ご家族3名が温かく迎えてくれました。今年で、築11年目となり、
水廻りの部品交換は今までありましたが、その他については、快適でご満足いただけております。今回のように、
長くお住みになっているお客様を訪問すると自分たちの正しい家づくりの確認とこれからも頑張ろうという意欲をいただきます。本当に感謝です!


DSCN5109

現在現場では、間仕切壁の施行を行なってきます。間仕切りが出来てくると間取りや各お部屋の広さや、内部のイメージが分かってきます。
画像は、居間側から撮影した対面キッチンの壁です。

そして、本日、次物件の着工研修会も開催いたしました。今回の現場も北斗市で、道路拡幅に関わる新築工事となりますが、
お施主様はお母様の一人暮らしとなる住宅となります。会には、娘様ご夫婦(ご主人は弊社の協力業者さん)にもご同席いただき、
約30名の参加により開催されました。冬期間の工事となりますが、今回の現場も「住む人と幸せを分かち合う家づくり」を実践していきます!


2007年12月14日

階段が完成しました!

IMG_0725

今回の現場棟梁佐々木さんにより、階段が完成いたしました。また、フローリング張りも、もうじき終わり、
内観の状態が徐々に分かり始めました!佐々木さんは、古くから福地建装にいる大工さんで、寡黙ではありますが、熟練された技術で、
家づくりをおこなってくれます。感謝してます!

昨日から降り始めた雨が今も降り続いている今日の北斗市です。今日から、お歳暮配りが始まりますが、カレンダー・
タオルそして感謝の気持ちを込めてお客様訪問してきます!

 


IMG_0680

外部の方は、乾式タイルの張り付け作業は続けられています。乾式タイルは、正面のワンポイントとその他前面の2種類を使用しています。
もう少しで外壁も出来上がりです。また、内部においては、棟梁による階段の設置が行なわれています。

今年1年を漢字一文字で表すと「偽」ということに決まったようです。かなりの方が予想した通りの結果ですが、
表面化した事件のイメージで決まったと思います。しかし、もしかしたら今年発覚した様々な偽装事件は、氷山の一角かも知れませんので、この
「偽」という漢字を見て、改めなければならないことは勇気を持って宣言そして行動に変えなければならないと思います。


1 2 8